bg_image
Home > お店紹介(Shop一覧) > エコール・クリオロ > Chef
エコール・クリオロ
シェフの紹介
 

Antonie Santos(サントス・アントワーヌ)

エコール・クリオロのシェフ、サントス・アントワーヌは、フランス・プロヴァンスの小さな町で生まれました。彼は、フランス最優秀職人(MOF)の称号を持つフィリップ・スゴン氏のお店、同じくMOFのイヴ・チュリエス氏のお店などの有名店で経験を積み、数々のコンクールで功績を残しました。
その後、コンクールに出す飴細工のバランス感覚を、日本の生け花から学ぼうと考え来日。来日後は、有名チョコレートメーカーのヴァローナ・ジャポン社でシェフ・パティシエとして、日本全国のパティシエに、最新技術を指導してきました。1999年に独立。失敗しないチョコレートの作り方「サントス式乳化法」を独自に考案、世界のパティシエに衝撃を与えました。
そして2000年に菓子学校「エコール・クリオロ」を設立し、2003年には「パティスリー エコール・クリオロ」をオープン。日本とフランスを融合させたオリジナルスイーツを作っています。

【受賞歴】
1987年 マルセイユの「コンクール ナショナル・ショコラ」  アプランティ部門 2位
1989年 「コンクール ジャンルイ・ベルテロ・アルパジョン」 ジュニア部門   2位
1990年 「コンクール ジャンルイ・ベルテロ・アルパジョン」 シニア部門    優勝
1992年 「コンクール シャルル・プルースト」        シニア部門    優勝

【資格】
1987年 パティシエ、コンフィズール、ショコラティエ・グラシエの職業適性証明を取得

【著書】
「お菓子づくりでまよったら」
「チョコレートでまよったら」

Copyright NISHINA DAVID Co.,Ltd 2006 Japan,All rights reservrd
bg_image